周りとの差が怖い!義理チョコの値段の相場はいくら?多数に配るなら?

義理チョコの値段

毎年2月14日に訪れるバレンタインデー。女性にとっては嬉しくもあり、めんどくさくもありな年に一度の一大イベントです。

本命チョコをプレゼントしよう!そう考えている方はもちろんのこと、職場の男性や男友達に義理チョコを渡そうと計画している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「バレンタインに義理チョコでも渡そうかな~」とお考えのあなたへ、

  • 義理チョコの値段の相場
  • 義理チョコにおすすめの喜ばれるチョコレート
  • 義理チョコに手作りってあり?なし?

をご紹介したいと思います!義理チョコで失敗しないよう、ぜひ参考にしてくださいね!

義理チョコの値段、相場はいくら?

義理チョコの値段

本命のチョコであれば時間もお金もかけるのは惜しくない!という気持ちも大きいと思いますが、義理チョコだけに、時間的にも金額的にもどのくらいかければ良いのか?というのは迷うところです。

とはいえ、他の人との差ができてしまうのもなんだか・・と思ってしまうのも正直なところですよね。みんながどれくらいの金額の義理チョコを買っているのかというと・・?

義理チョコにかける値段の相場は、一人500円~1000円程度

が平均だと言われています。

渡し方は人によって様々で、お世話になっている上司にだけ渡す人もいれば、職場の人一同に配って回る人もいるようです。

チョコを渡す人数が1人~3人の場合は、一人につき500円~600円くらいはかけることができますが、5人以上の大人数に渡すとなると出費がかさんでしまいます。

あの人にあげると、あっちの人にもあげなくてはならない・・芋づる式に人数が増えてしまう場合も多いですよね。

そのような場合は、1000円前後の箱チョコを買って1つずつ配るようなスタイルがおすすめです。

質や値段、見た目、ボリュームを出したい時におすすめの義理チョコを次に紹介しますね!

[adsense]

職場で喜ばれるおすすめの義理チョコはコレ!

義理チョコの値段

誰に渡すかによっておすすめの義理チョコは異なります

日頃お世話になっている上司に渡すチョコなら、ゴディバなどの少し高級感のあるものがオススメです。ゴディバのチョコは値段が高いイメージがありますが、安いものなら千円台で購入できます。

お手軽な価格でチョコクッキーもいいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴディバ (GODIVA) ダークチョコレートクッキー 5枚
価格:561円(税込、送料別) (2017/9/13時点)

上司の義理チョコにゴディバを渡せば、目上の方を敬っている感じも演出することが可能です。お金も千円台で済むので、お世話になっている上司への義理チョコにはゴディバがぴったり。

複数人に配るなら

義理チョコを複数人に渡そうと考えている人は、箱チョコを買って少しずつみんなに配るか、駄菓子を何種類か買って袋詰めにして配る方法が主流のようです。

 

★フェレロ・ロシェ

箱チョコのオススメはフェレロ・ロシェの30粒入りです。30粒も入っていれば10人に配るとしても1人3個ずつ配ることができます。

フェレロ・ロシェのチョコレートは1粒ずつしっかり食べ応えがあるので、3粒でも十分満足できるはずです。レビューも高評価です。

値段も1500円程度とお手頃なのでオススメ。

 

★駄菓子もあり!

駄菓子のチョコを袋詰めで渡す場合は、ブラックサンダーやチロルチョコなどをいくつか適当に詰めて、バラエティ豊かな駄菓子袋をこしらえましょう。

駄菓子を嫌いな人は少ないですし、普段あまり食べる機会がない駄菓子のチョコは、もらって嬉しい人が多いはずです。そして、袋詰めをした手間もきっと嬉しく感じてもらえるはず。

昼休みや残業の時などのリフレッシュタイムを見計らって、そっと義理チョコを渡しに行きましょう。

手作りの義理チョコは有り?無し?

義理チョコの値段

手作りの義理チョコは有りか無しか・・?よく聞くこの論争の答えは、正直なところ人によるとしか言いようがありません。

ネットを見ている限りでは「手作りは重いしなんか気持ち悪い・・・」と、手作り否定派の意見が目立ちますが、実際に聞くところによると「手作りの方が気持ちが込もってて嬉しい!」という男性が多いのも事実です。

手作りが嫌いな人が一定数いる以上、職場などで複数人に義理チョコを渡す場合は、手作りチョコは避けた方が無難かもしれません。

しかし、お互いをよく知る仲の良い同僚に対してなら、手作りチョコでも問題ないのではないでしょうか。

手作りチョコは有りか無しか、その答えは「職場の空気感や相手との関係性から判断せよ!」ということですね。

まとめ

義理チョコにかける値段は500円~1000円程度、お世話になっている上司には少し高級感のあるチョコを、複数人に配る場合は箱チョコか駄菓子の詰め合わせがオススメ。

加えて、手作りチョコは避けた方が無難!ということがわかりましたね。ぜひ参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました