ありすぎて迷う布団収納!袋やラックがどんどん進化中!おすすめは?

布団収納

Pexels / Pixabay

家をスッキリさせたいのに、布団の収納はどうしてもかさばるので、少しでも良い方法はないか?布団収納ジプシーになっている方も多いのではないでしょうか?

いろんなパターンのふとん収納があって、最近では縦に立てて収納できるケースや丸めて収納できるものなど便利なアイテムがたくさん!自宅の収納場所にあったアイテムがありそうです。

中にはアイデア次第ではソファのようにも使えるものも!

でもありすぎて逆に迷ってしまうこともあると思うので、布団収納のパターンを色々と紹介していきたいと思います!

布団の収納ってどれが一番いい!?袋もどんどん進化している!?

1bdeffe6d24e4f5008071dc0df27908e_s[1].jpg

布団は、寝ている人の身体を温め、気持ちの良い睡眠には欠かせないもの。だけど、布団を収納するとなると、どうしても億劫になってしまいませんか?重い・かさばる・移動させにくい・時にはカビ臭い・・・

自分の中これ!と思う収納に出会えていない場合は特に後回しにしてしまいがち。気づけばまた次のシーズンに突入!なんてことも?!

でも、最近はたくさんの布団収納のグッズが発売されているので、良いものに出会えるときっとスムーズに収納ができるようになりますよ!不織布でできた昔からある布団収納袋もありますが、それ以外にどんなものがあるのか、紹介したいと思います。

 

丸めるタイプ

最近では、丸めて縦に立てて収納できるものや縦・横どちらでも置ける収納ケースがあります。しかも、圧縮袋ではないので、いちいち掃除機で吸うなんてことしなくても良いのです。

丸めるから、立てても寝かしても安定しやすい。ちょっとできたすき間に収納できるので、かさばることなく収納できていいですよね。

圧縮ケースタイプ

圧縮しつつ袋に収納。このタイプだと掃除機いらずで布団を薄く収納することが可能。

圧縮袋収納

また、布団の収納といえば、圧縮袋のイメージがありますが、普段使いには向いていないし、長期で使うと少しずつ空気を吸って膨らんでしまいますよね?掃除機を出すのも面倒だったりします。

そんな圧縮袋は

  • 来客用の布団
  • シーズン終わり

に使うのがいいと思います。

布がけでしない収納

また、普段使っている布団をどうしても収納できる場所がないということもあるでしょう。そんなときは、まず布団をたたんで部屋の隅に置き、上から布をすっぽり被せるだけでOKです。マルチカバーなど大判サイズの綺麗な布を使えばおしゃれにできますよ。

収納しない収納ということで、気軽さはかなりのもの!

便利品に変身収納

布団を収納しながらもソファにしたり、部屋の主役にしたりということも可能!

ソファにする専用のカバーも発売されています。それがこのようなタイプ。

どうなのかな?と思っていたソファーになる布団収納ですが、なかなかレビューがいいんです。→ソファーになる布団収納のレビュー

現在は持っていないのですが、次布団が増えたらこれにしたいと思います。

そして、部屋の主役級で私が特に気になったのはこのオバケちゃん。すごく可愛い・・。フェリシモのものなので月に1個づつ(この商品は3回限定)届く楽しみも味わえます。

布団収納オバケ

出典:フェリシモ YOU+MORE

フェリシモ YOU+MORE 布団収納ケースの会

中には専用の布製収納ケースに入れて、布団をソファのようにして使っている人もいます。簡単に部屋に新たな家具が加わったように見えますね!

便利だし可愛いし・・布団を使う時期が来ても、こんな収納袋なら出したくなくなくなるかもしれません!

[adsense]

布団収納ならラックもおすすめ

布団収納

よく聞く収納術の1つでもあるラックを使った収納。布団にも活用できるということで、おすすめのラック収納グッズを紹介していきます!

桐すのこ 押入れ布団棚

収納物やスペースに合わせて棚幅の伸縮ができ、無駄なく収納できるラックタイプ。高さは6段階で調節可能。棚板がすのこになっているので、湿気がこもりにくく、通気性抜群!

樹脂すのこ布団収納ラック

面倒な布団の出し入れもキャスターが付いているのでラクラク。すのこを横にスライドさせると、横幅を広げることができるので、空いたスペースを無駄なく収納できます。

押入れふとん台 キャスター付き

 

押入れの奥行きをフル活用。ふとん収納部は通気性十分。棚の位置は2段階に調節可能で、キャスターを付ければ出し入れもスムーズに。

すっぽり納めたい!!布団収納をクローゼット内で

4627cf9d5ac5326183be767c2c0c7e93_s[1].jpg

最近は洋室も増え、押入れよりクローゼットを使っている人も多いと思います。1人暮らしの人などは、クローゼットの中になんとか布団を収納出来ないかと考える人も少なくないでしょう。

クローゼット内に布団収納をする場合は、

  • 丸めるタイプの布団収納
  • 圧縮ケースタイプの布団収納

がおすすめ。

この二つであれば、立てて収納することが可能なおで、クローゼットの奥行きでもしっかりと収納することができます。

まとめ

布団収納は、自分の中でこれというものに落ち着くまなかなか大変なものですが、一度決まってしまえば毎年気持ちよく収納することができます。

ケースやラックを購入するには初めに少しお金はかかりますが、家にある布団の数を見直し、必要な分だけを厳選して購入するという行動を起こすチャンスでもあります。

自分と、自宅の両方にあった布団収納を考えてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました