旅行で小学生を休ませるのはあり?みんなの考えと連絡帳の書き方のコツ

旅行

土日祝は家族が揃って休めることが普段はないけど、ついにまとまった休みが取れるチャンスがやって来た!こんな時、家族で旅行に行ったり遊びに行ったりしたいですよね。

でもそれが平日だったりする場合、子供達に学校を休ませてまで行ってもいいのかな?と、悩んでしまいます。でも、こんなチャンス滅多にないし・・。

悩んでいる人に旅行で小学校など学校を休ませるのはありなのか?みんなはどうしているの?

休ませるとしたら連絡帳はどのようにかけばいいの?など気がかりな部分をまとめました!

旅行で小学生を休ませるってアリ!?気を付けることってある!?

旅行で学校を休む=ズル休みと捉えるような人が周りに居れば、学校を休んでまで旅行に?と、噂になるなど後々支障が出るんじゃないか・・と心配になりますよね。

その可能性はやはりあるのですが、最近、特にお父さんは昔のように土日祝日休みではなく、企業によって独自のカレンダーでほかの曜日が休みだったり、大きな仕事が終了するまでは休めないという企業も多くなって来ています。

世間的にこんな流れなので、旅行=ズル休みということを思う人は少ないようです。

ですので、子供自身や周りの親しくしている人たちが、気にしないのであれば旅行で小学校を休ませるのはアリだと思います。

実際に子供が「○○ちゃん、昨日遊園地(有名ディ●ニー)行ってんて」とか「○○君、今日旅行で休みやった」などなど聞くことも多々ありです(笑)

それでもなんとなくやっぱり気になるので、みんながどんな感じなのか、Yahoo!知恵袋の「旅行で小学校を休ませてもいいのでしょうか?」という質問を調べてみるました。すると・・。

  • せっかくの機会だから行った方がいい
  • みんなそんなに気にしませんよ。
  • 家族で旅行するのもひとつの勉強だと思う

(Yahoo知恵袋より)

など好意的な意見がたくさんありました!小学生の場合、休ませることに関して感覚としては気軽、という感じなようです。

やはり旅行で小学校を休ませることに関してあまり気にしなくてもいいようです。

気をつけたいことは、自分の子供への口止めです。

口止めというと言い方はちょっと正しくないです・・これは行ったのに行ってないという意味でも、何も言うなと言う意味でもなく、自慢的に口に出すことはやめておきましょうと言うことです。

旅行、さらに小学校を休んで行くとすると子供はうれしくなって、誰かれなく話してしまうことがほとんど!!嬉しくってついつい自慢げに言ってしまって、聞いて良く思わない人が居ないとも限りません。

嘘をつくのはよくないですし、事実は事実として言っても良いですが、「病気や仕方のないこと以外で学校を休むことはよくないことなんだよ」と言うこと、なぜ今回は休んでまで旅行に行くかなどをきちんと伝えておき、周りの友達への配慮をするように子供に伝えておくべきではないかとは思います。

旅行で小学校を休ませる場合、次に気になるのは連絡帳の書き方です。どうしたらいいのでしょう?

[adsense]

旅行で小学生を休ませる時の連絡帳の書き方とは

連絡帳

連絡帳に書くときは、「家の都合で○日間休みます。」と書いておくと、その用がなんなのかまでは担任から詮索をされることはありません。

子供が言うと思うので、旅行ということはすぐにわかるとは思うのですが、この書き方が一番スムーズです。

病欠であれば、状態を訪ねる電話があることも多いので、病気だと嘘をついて休むのは絶対にやめましょう。

用欠だと数日休むことをはっきり伝えられますし、先生にも心配をかけません。

ただ電話どころかまったく連絡がなく、明日の時間割を教えて…と、聞いてきた友達もいましたが。(汗)

また、ポイントとして留守にする期間と復帰する日にちや、自分の携帯番号を書いて「なにかあったらこちらに連絡をください。」と書いておけば、先生も安心されると思います。

また、気兼ねなく話せる関係の先生ならば、本当のことを言って巻き込むのもおすすめ!担任であれば、保護者の職業もわかっているでしょうからなぜ今、学校を休んでまで行くのか?をすぐ理解してくれるでしょう。

長い旅行に行くのならば正直に言うほうがいいですね。

そもそも旅行で休ませるって非常識なの!?

カフェ

旅行で小学校を休むなんて・・そう考える人もやはりいます。

例えば地区の行事などでも土日祝日が休めないお父さんに対し、シニア世代の方には、なぜお父さんが行事に出ないのか?やる気がないのか?そんなにお父さんが大事で出させたくないのか?と、散々イヤミを言われることもあります。

そんなシニア世代にしてみれば、旅行で学校を休むなんて非常識!と、思うでしょう。

常識か非常識か?は、捉える人によりですが、土日祝日が休める、いつでも有給が使えるお父さんばかりではありません。そして、夜も定時で帰れない人も多いでしょう。

そんなご時世だからこそ、わざわざ国が先導してプレミアムフライデーなんてものをするくらいですから、現実は保護者都合で学校を休んでの旅行はアリ!だと思っている人が多いです。

土日やゴールデンウィーク、お盆や年末年始にきっちり休めるのは全ての家庭ではありません。だから各家庭のルールでいいじゃないかと思います。行けるときに行く!子供には勉強も大事ですが、家族と楽しく過ごす何日間も大事なことです!

ただ・・中学校になると出席日数などは内申点に響いたり、授業も難しくついていけなくなったり、そうなると定期テストに支障が出たり、クラブも休まなくてはいけない・・となってしまいますので、気軽に旅行で学校を休ませることができるのは小学校の間ですね。

だからこそもしも、小学校の間に平日に旅行に行けそうな日程があるのであれば、やはりチャンスが巡ってきたと捉えても良いと思います!

まとめ

旅行で学校を休むことについては、親としてはちょっと気になる部分もありますが、小学校の間は本人も喜びますし、アリ!と考えてる保護者も多いということがわかりました。

病気じゃないのに休むことに抵抗が多少あっても、家族で楽しめる時間もとっても貴重だと私は思っています。

休ませる場合、連絡帳には用欠で、留守にする期間と復帰日を記入しましょう。そして、言えそうなら先生にも友達にも真実を伝えて、行く!と決めたら気兼ねなく思いっきり楽しんで来て下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました