日当たりが悪い部屋は対策すれば蘇る!試してほしいパターンはこれ!

日当たりの悪い部屋

いざ引っ越したら、思った以上に日が入らなくてショック!

日が当たらなくてあの部屋使いたくないなーと思っている方いませんか?そんな方にぴったり、引っ越さなくても明るくできる対策をご紹介します!

  • 日当たりが悪い部屋を明るくする対策とは?
  • 日当たりが悪い部屋を明るくする工夫とは?
  • 日当たりが悪い部屋を明るくするおすすめインテリア

日当たりが悪い部屋を明るくする対策とは?

電球

実は日当たりが悪い部屋だと気分も落ち込みやすくなってしまいます。気分にまで影響するんだからやっぱり対策をすべきですよね。

だからと言って引っ越すなんてお金もかかるし大変です。そこで引っ越さなくても部屋を明るくする対策をご紹介します。

1.窓を増設する

日当たりをよくするために、小さな窓を増設して増やすリフォームがあります。

天窓や日当たりがいい部屋から光を取り入れる室内窓など、種類も豊富にあります。ただし、ある程度の費用がかかるし、業者選びや見積もりなどそれなりの手間もかかります。

手軽に行うのであれば、次の二つがおすすめです。

2.壁紙やバルコニーに白を取り入れる

ベランダや窓際の一部だけ光が入る場合は、壁紙を白にすると反射して部屋全体が明るくなります。

バルコニーには、ガーデニング用の白い玉砂利などを敷くと、太陽光が反射して自然の明るさを部屋に取り入れることができます。

これ、部屋の日当たり具合なども関係がありますが、びっくりするほど効果ありますよ。私の家はとても古いのですが2階の和室はとても暗かったんです。

壁の色は昔のよくある深緑のような京壁。緑を白に変えたいと思って、DIYを決行しました。白のペンキを塗り、部屋全体を白くしたんです。(柱まで白く塗りました。)

1日中かかって大変でしたが、乾かしたあと養生を剥がし大満足。その次の日、階段を上がり塗った部屋の手前に来た時、なんと私は「部屋の電気がついてる!」と思ったんです。

入って見ると、電気はついていませんでした。いつもの部屋が白くペイントされただけで、電気がついているほど明るくなったと思ったのです。

賃貸住宅であればペイントなどは厳しいと思いますが、変えられる状況であれば壁紙の色が変わるだけで部屋の印象はかなり変わりますよ!!(賃貸でもできる暗さ対策は後半へ!)

さらに手軽な方法はこちら!

3.LED電球に変える

白熱電球よりも明るいLED電球に変えてみましょう。暗い部屋を根本から明るくすることにはなりませんが、とても簡単に明るい部屋にすることができます。

購入時は高く感じるかもしれませんが、寿命や電気代節約といった面から見るとお得です。色も電球色、昼白色、昼光色と3種類あり、お部屋の雰囲気に合わせることができます。

[adsense]

日当たりが悪い部屋を明るくする工夫とは?

植物

部屋を明るくする対策をご紹介しましたが、賃貸ではちょっと難しい対策ですね。今度は賃貸でもできる部屋を明るくする工夫をご紹介します。

少しの意識で明るく変わります。

1.カーテンやラグを明るい色に変更

壁紙の色はなかなか変更できませんが、カーテンやラグは好みの色に変更できます。

ミラーレースカーテンを使えば、家の外からは光が鏡のように反射し室内が見えにくく、家の中から外は見えやすいので、部屋が明るく見えます。

部屋の中で面積が大きいカーテンやラグの色を変更するだけでも全然違いますよ!

2.グラデーションブラインドを活用する

オフィスでよく使用されているグラデーションブラインド。

ブラインドの角度が上部と下部で異なり、光を天井に反射させ、部屋の奥から手前まで全体的に明るくすることができます。

グラデーションブラインド

出典:https://www.nichi-bei.co.jp/jsp/product/192/index.jsp

楽天市場などでも販売されているので、気軽に取り付けることができますよ。

3.観葉植物を置いてみよう

上記の対策や工夫で部屋が明るくなり始めたら、観葉植物を置いてみましょう。

これだけで?と思うかもしれませんが、緑があるとお部屋の雰囲気がとても明るくなります。日当たりが悪くても育つ耐陰性のものや、大きすぎずテーブルや棚に置けるサイズもあるので、お部屋のアクセントにもなりますよ。

育てる楽しさも味わえます。

日当たりが悪い部屋を明るくするおすすめインテリア

暗い部屋の夜

最後は、日当たりが悪い部屋を明るくするおすすめのインテリアです!部屋を明るく見せるには、インテリア用品も明るい色を選んだり明るさを与える間接照明を置くといいですね。

楽天市場で見つけた、手軽に取り入れることができる価格帯の明るいものを数点ご紹介しますね。

明るい色のソファ

ソファも大きな家具の一つ。カラーが違うだけで部屋の印象が全然違います。ついつい定番色を買ってしまいがちになりますが、明るい色を選ぶと爽やかになります。

ソファ自体高価なものだけど、この商品くらいの価格帯なら明るい色も試しやすいですよね!

スタイリッシュな間接照明

明るくもできてなんとなく暗いあかりも灯せる、調光機能付きの LED電球です。

部屋が暗い?それなら、いっそのこと暗い雰囲気を味わうのもよしじゃないですか?そんな時はリモコンを使って微妙な明るさを灯してみてください。すごくリラックスできる空間になりますよ。

だけど天気がいい日などは爽やかな雰囲気で過ごしたい時もありますね。明るくすることもできるので、とても重宝する間接照明だと思います。

明るい色の布団カバー

布団のカバーも面積が大きいものの一つです。洗い替えが必要なものだから、値段が安いのはとても助かりますよね。

自分ではちょっと明るすぎるかな?と思うカラーを選んでみてもいいのではないでしょうか??

まとめ

日当たりが悪い部屋でも、リフォームはもちろんインテリアを変えるだけで明るさを取り入れることができます。部屋の中に置く家具は、ちょっと意識するといつもより明るいものを選ぶことが可能ですよね。

新しく家具を変えると初期費用は高くなってしまうかもしれませんが、ずっと暗い部屋で気分も暗く生活しているよりも、ずっと健康的に生活できると思います。

まずは変えられるところから始めて、居心地の良いお部屋づくりをしてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました