ケチエコ

ヤクダチネタ・ケチエコライフ・ママデイズ

よく見たら黒い点が!タオルのカビの取り方と再発させない方法とは?

更新日:

タオル

タオルを使おうとしたときに、黒いポツポツとしたものができているのを見たことがありますか?

普段気づかなくてもよーく見ると実はポツポツしてたりしますよ・・。いつものタオルをチェックして見てください!これって何かと言うと、実は黒カビです!

せっかくお風呂で清潔にしたのに、こんなタオルで体や髪を拭いたりするのは嫌ですよね。

そこで今回は、

・黒い点々だらけ!タオルのカビの取り方について

・タオルのカビを防ぐおすすめの対策法は?

・タオルにカビが付いてしまったら捨てる以外方法はあるの?

こちらのテーマごとに、ご紹介します!

黒い点々だらけ!タオルのカビの取り方について

タオル

タオルについているカビを取る方法とは、殺菌することです。少ししかないからとタオルの記事から黒い部分を手でむしり取ろうとしても、カビの色素(黒い点々)はなかなか落ちません。それになんだか気持ち悪いですよね。

今回は、殺菌してタオルのカビを取る方法をご紹介します。

用意するものは、漂白剤です。

色物は酸素系、白物は塩素系を使用してください。塩素系は漂白力が強いので、色柄ものに使用すると脱色する恐れがあります。また塩素系はツンとする匂いも苦手な方がいるので、どちらも使える酸素系がおすすめです。

酸素系は溶かす温度がとっても重要です。

約40度のお湯に、酸素系漂白剤をいれてタオルを30分から1時間ほど漬け込むだけです。※漂白剤はパッケージで量を確認しましょう。また、液体より粉末タイプのほうが、効果が高いです。

漬け終わったら、一度水で濯ぎ洗いを行い、洗濯機でもう一度洗い天日干しして完了です。

きちんと効果を発揮させるために、絶対に水で行わないようにしましょうね。

一度できた黒カビを取るのは苦労しますし、できれば黒カビが出ないように使っていきたいもの。次はタオルのカビを防ぐための対策方法をお伝えしていきます♪

スポンサーリンク

タオルのカビを防ぐおすすめの対策法は?

カビ防止の洗濯方法

カビが発生してしまう条件として、湿気、水分、温度が関係しています。

お風呂上がりの体を拭いたタオルを放置したり、洗濯機自体が汚れていたり、洗剤や洗濯物の容量を間違えていると、カビが生えてしまう原因になってしまいます。

まずは、こまめに洗濯して干すこと。梅雨の時期など雨の日は、天日干しできませんが、室内でもしっかりタオルを広げて干すことによって、湿気をこもらせないことが大切です。

お風呂上がりの綺麗な体を拭いただけだからといって、数日置いて何度か拭いてから洗濯する方法を取るとカビが増えやすくなります。お風呂のお湯は見た目よりも綺麗ではないので、雑菌が繁殖してしまう原因となるのです。

私は5人家族でバスタオルを5枚毎日洗うのが大変だったのですが、かといってずっと置いとくのも嫌だったのでバスタオルを小さめのものにして毎日洗濯するようにしました。

このサイズ使ってます♪

さらに室内用洗剤や除湿器があれば効果が高まります。除湿機は雨が続く梅雨時期にもとっても重宝しますよ♪雨の日は大活躍してくれています。

そして洗濯槽の汚れが原因ということも。洗濯槽を定期的にお掃除しましょう。洗濯槽クリーナーに使うなら、先ほど紹介した酸素系漂白剤はとっても効果が高いです。しばらく洗濯槽を洗っていないのであれば・・びっくりするほど取れますよ・・。

そして盲点なのがこちら。節約しようと意外とやってしまいがちですが、洗濯機の容量ギリギリまで詰め込むと水位が足りず、しっかりと洗えていないため、菌が繁殖してしまうケースもあります。

洗濯物の量や洗剤、水位などしっかりと守って洗濯をしましょう。

タオルにカビが付いてしまったら捨てる以外方法はあるの?

お湯

どうしても漂白剤で落ちない場合は、最終手段として煮沸消毒で対応しましょう。

やり方は、家にある一番大きな鍋を用意しましょう。水を入れて沸騰させ、タオルを入れて約5分煮込みます。あとは、もう一度洗濯機で洗い干せば完了です。

これで取れないようならもう捨てる覚悟を。お掃除などに存分に使用してから使うと後悔がありません。

この方法がなぜ最終手段かというと、生地が傷みやすく多少の色落ちする場合があり、さらに鍋の大きさにより洗える量の制限や火を使うため目が離せないからです。

まとめ

カビをなるべく発生させないようにするには、こまめに洗濯してすぐに干すことが大切です。やはりタオルは清潔なものを使いたいと思うので、数日置いておくということはやめておきましょう。

また、洗濯槽も汚れている場合があるので定期的に掃除をしましょう。

カビが付いてしまっても漂白剤や煮沸消毒で落とすことができる可能性があるので、捨ててしまう前に一度試してみてはいかがでしょうか。

-チエトク

Copyright© ケチエコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.