もしかして私の事好き?顔が赤くなる心理とは?好きのサインを見逃すな!

顔が赤くなる心理

女性と会話している時だけ顔が赤くなる男性を見かけたことはありませんか?みるみる赤くなるのがわかるときもあります。

女性に対して顔が赤くなる心理とは一体どのようなものなのでしょうか?単純に赤ら顔になりやすい体質だということも考えられますが、女性に対して好意があるというケースも十分に考えられます。

あなた自身も自分と接している時に顔が赤くなっている男性に遭遇した経験があるかもしれません!

そんな時に男性の赤面の理由が体質なのか?それとも自分への好意なのか?のどちらなのかを判断することができれば、もしあなたにとってその男性が好みのタイプならお近づきになれる可能性もあります!

そこで今回は実際に相手の気持ちってどうなのか?顔が赤くなる男性の心理と、自分が脈ありかどうかを見分ける方法、そして脈ありだった場合にどのようにアプローチすれば良いのかをまとめました。

顔が赤くなる心理・・体質だと好意の有無がわかりにくい?

顔が赤くて恥ずかしい

顔が赤くなる心理(原因)は大きく2パターンに分かれます。ひとつは体質によるもの、もうひとつは心理状態によるものです。

まずは体質的に赤面しやすいのはどのような人なのでしょうか。

赤面しやすい体質の人の傾向としては、

  • 色白で血管が透けるほど皮膚が薄い
  • 血の巡りが良い
  • あがり症の人

です。

色白の人は、少しの運動や気温の変化などによって代謝が良くなるとすぐに顔が赤くなります。また、軽い緊張状態の時でもすぐに顔が赤くなってしまうため、初対面の人と接するだけでも赤面することが多いです。

つまり、このような男性が女性を前にして顔を赤くしていても、男性がその女性と初対面の場合は、赤ら顔の理由が好意にあるとは限らないので注意が必要です。

体質的に赤面しやすい人のもう1つのパターンは、あがり症の人です。あがり症の男性は人よりも緊張しやすいため、女性に好意がなくても、女性と接しているという事実だけで顔が赤くなってしまいます。

自分と接していて顔が赤くなっている男性が普段から緊張しやすい体質なら、あなたに好意があって顔が赤くなっていると決めつけるのは早とちりかもしれません。

以上の2パターンのように、色白で皮膚が薄い人&あがり症の人は女性への好意に関係なく顔が赤くなりやすいのです。つまり、体質的に赤面しやすい人は女性への好意の有無がわかりにくいということですね。

それでは、次にもう一つのパターンである心理的な理由で男性が顔を赤らめる場合を見ていきますね。

[adsense]

心理作用から赤ら顔になる男性はあなたに好意がある!?

好き

顔が赤くなるのが心理的なものから生じるケースは、怒っている時や緊張している時などです。

赤面しながら怒っている男性を目の前にして「もしかして私に好意があるかも!」と感じる人はおそらくいないので、見極めるべきは「自分に対して赤面している男性がなぜ緊張しているのか」だと言えます。

その男性と接するのが初対面なら、人見知りからくる緊張で赤面している理由が考えられますが、そうでない場合はあなたに対して好意がある可能性も無きにしもあらずです。

男性が色白でもなければあがり症でもなく、初対面でもないあなたに対して赤ら顔になっているのだとしたら、それは男性があなたに好意を抱いているからなのかもしれません!

人は好きな異性を目の前にすると脳内物質のドーパミンが活発に分泌されて心身ともに興奮状態になってしまいます。

ドーパミンは「恋愛ホルモン」とも言われ、分泌が活発化すると人は「ドキドキ」してしまうわけですね。つまり体質でもなく初対面でもない男性があなたに対して赤面しているのは、恋愛対象のあなたが目の前にいてドキドキしているから。

自分が男性にとって脈ありだとわかれば、こちら側からアプローチをかければカップルになれるかもしれません。でも赤面しているからという理由だけでは、まだまだ好意の判断材料として不安な女性も多いことと思います。

そこで、男性の行動や仕草から好意を読み取る方法をいくつかご紹介させていただきますね!好きのサインを知っておきましょう!

男性の仕草に現れる「好き」のサインとは?

好きのサイン

人の好意というものは行動や仕草にどうしても現れてしまいますので、好きのサインを読み取ることができれば脈アリかどうかの確証を得ることができます!あなたが相手のことを好きなら・・絶対知りたい部分ですよね。

気持ちを悟られたくないからという理由で「好き避け」をしてしまうシャイな男性もいますので、そっけない態度を取られて脈なしだと勘違いしないためにも、行動や仕草から好意を読み取る術を身につけておきたいものですね。

それでは、仕草や行動に現れる男性の脈ありサインをご紹介します。

脈ありサインその1 「不意によく目が合う」

男性は本来獲物を仕留める役割を持つため、好きな女性をついつい目で追ってしまうもの。

あなたとよく目が合うのなら好きな証拠である可能性が高いです。不意に目があってすぐに外らすようなら好き避けをしているとみて良いでしょう。

脈ありサインその2 「自分と同じ仕草をする」

人は好意を持っている異性の仕草を真似る性質があります。

それは相手に親近感を抱いていると無意識に動作を真似てしまうからです。色々な仕草を試してみて、男性が無意識に真似てしまっているようなら好きのサインです。

脈ありサインその3 「髪の毛や顔周辺をしきりに触る」

髪の毛や顔周辺を手で触る仕草は本音や本心を隠したい心理から生じます。

つまりあなたと接すると赤面してしまう男性が顔周辺を手で触っていたら、それはあなたへの好意の表れなのかもしれません。手の行き場をチェック!

脈ありサインその4 「いつもより少し挙動不審になる」

好きな人の前に出るといつもより口数が減ったり早口になったりする男性は意外と多いです。

別の人に対する態度とは明らかに違う態度で自分に接してきたら、それは好きのサインという可能性もあります。

まとめ

気になる男性があなたと話すときに顔が赤くなると感じるなら、本当の気持ちはどうなんだろうと気になるものです。顔が赤くなる心理と共に、好きのサインを知っておけば相手の気持ちを予測することができます。

赤面している男性があなたに好意を抱いているのだとわかったとしたら、こちららからアプローチしてもよし、逆に男性にアプローチさせるために上手に誘導することも可能です。

相手の連絡先を知っているのならメールで会話してみて、それとなく行きたい場所や食べたいものを告げたりして男性から誘いやすくするのも手!

「〇〇のハンバーグ美味しいらしいから1回行ってみたいんだよね~」なんていう具合に話題を振って、男性があなたにアプローチしやすい会話の流れを作ってあげましょう。

休日は暇なことが多いと伝えておくとなお良しです。顔が赤くなる男性の心理がわかれば、脈ありの男性には効果的にアプローチできますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました