ファンデーションスポンジの洗い方と頻度は?清潔なパフで肌も私もキレイに

ファンデーションのスポンジ

見て見ぬ振りしてませんか?!ファンデーションのスポンジ。お化粧を日常的にするのであれば、毎日使ってますよね??そろそろ洗ったほうがいいかなとは心の中で思いつつ、なかなか洗うのもめんどくさいんですよね・・。

で、なんでめんどくさいのか考えてみると洗い方がはっきりわからないからというのも原因だわかりました。ファンデーションのスポンジをちゃんと洗う方法と道具が自分の中でわかれば、定期的に洗うのが苦にならないようになりました。

そして頻度。たとえ洗い方が完璧でも頻度も重要です。

この機会に一度ファンデーションのスポンジの洗い方と頻度をきちんとおさらいしてみましょう。もし外出先で使いたいのに忘れた場合の代用品についてもお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね!

ファンデーションスポンジの洗い方!

方法はこれ!

気がついているとは思いますが、ファンデーションのスポンジを洗わないのは衛生的に良くありません!!

化粧はほとんど毎日しますよね。ということは、ファンデーションのスポンジも当然毎日使っていることになります。

肌につけるスポンジは、肌の皮脂などを吸収し汚れが溜まります。それが不衛生なだけなら良いのですが、肌のトラブルの原因にもなるのです。

キレイになりたいから化粧をするのに、自分自身がめんどくさがることによって肌に影響が出てしまうのです。衛生的に保つために、そして自分自身の肌のためにもファンデーションのスポンジは定期的に洗うようにしましょう!(頻度については後述します!)

で、私にとってめんどくさい原因と思われるのははっきりと洗い方がわからないから。すっと何も考えずに洗うことができるのなら気軽に洗えるはず。スポンジの洗い方しっかりまとめたいと思います。

スポンジの洗い方

まずパフを洗うときに使える洗剤についてです。実は、特別なファンデーションのスポンジ用の洗剤を用意しなくても良いのです。家にあるこの3つのうちどれかを用意してくださいね。

用意するもの(3つのうちのどれか)

  • 中性洗剤
  • クレンジングオイル
  • ハンドソープ

どれを用意したとしても洗い方は全て同じで、違うのは洗剤だけです。この3つの内1つを使って洗いましょう。

それでは洗い方の説明をしていきます。

  1. パフを軽く湿らせてから、洗剤をつけます。
  2. 少しずつぬるま湯を足しながら、洗剤を揉み込みます。
  3. スポンジに爪を立てないように優しく揉むように洗います。
  4. 流水で泡や汚れが出なくなるまで、押しながら洗い流します。
  5. タオルで挟み、水気をとります。
  6. タオルの上に置いて、日陰で乾かします。完全に乾いてから使いましょう。生乾きのままだと、雑菌が繁殖してしまいます。

何回も洗って使っていると、だんだんパフがゴワゴワしてくるので、そのときは新しいものに交換しましょう。肌トラブルの原因にもなりますよ。

次にファンデーションのスポンジを洗う頻度についてまとめます。

[adsense]

ファンデーションのスポンジの洗う頻度は?

ファンデーション

理想としてはやはり使うたび、毎日洗うのがいいですが、時間がなかったり面倒な気持ちも勝ったりでなかなか無理がありますね。乾かないのも嫌だし・・だから、次のどちらかの頻度がおすすめです。

ファンデーションのスポンジを洗う頻度

  • 2日に1回
  • 1週間に1度

2日に一回洗うと定め、偶数の日や奇数の日と自分の中で洗う日を決めると覚えておきやすいですよ。

または、週に1度、●曜日に洗うと決めておけばこれも忘れにくいですよね。

スポンジを長い間洗わずにいると忘れるだけでなく、逆にどうでもよくなりがちです(経験者です・・)自分の中での頻度を決めて、定期的に洗うようにするのが大切です。肌トラブルを招く恐れがあると思えば、定期的に洗うことができると思います。

また忙しくて洗うのも難しいという人は、安いパフを多めに買っておいて、両面使い切ったら、新しいものに変えるというのもおすすめです。

100均などに行くと、数個入っているものがあるので、それを持っていると便利です。

ファンデーションのスポンジがない!代用できるものとは?!

ファンデーション

外出先でパフを忘れてしまった…そんなことありませんか?忘れたからといって、ファンデーションを塗らないわけにはいきませんよね。

そんな困ったときに代用できる、パフの代わりとなるアイテムを紹介していきます!

〈パフの代わりになるアイテム〉

ティッシュ

粉馴染みがいいのでファンデーションのスポンジがわりにおすすめです。折りたたんだティッシュにリキッドファンデーションをつけ、その上からパウダーファンデーションをとり肌にのせましょう。

すぐに手に入りますが、敏感肌の人は荒れてしまう可能性もあるので、注意しなければいけません。

コットン

コットンを裏返して柔らかい綿の部分を使うようにしましょう。

柔らかいので、肌馴染みがいいですが、外出先にない場合がありますね。買うにしても、少量入ったものを見つけるのが難しかもしれません。

チークブラシ

ブラシについたチークをしっかり落としてから、ファンデーションに使いましょう。敏感肌の人も使いやすいですが、カバー力が弱いので注意です。

まとめ

洗わないとなー・・と思いつつ、見て見ぬ振りしてしまうファンデーションのスポンジ。ですが衛生面を考えてスポンジは出来るだけこまめに洗いましょう。

スポンジを洗う時間がない!という人は、割り切ってスポンジを多めに持っておくようにしてこまめに取り替えましょう。100均にも売られています!

ファンテーションのスポンジは洗った後も数回使えますが、スポンジがだんだんゴワゴワし出したら、肌トラブルの原因になってしまうこともありますので、そんな時も新しいものに取り替えるようにしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました