昔は薬だった?!チョコレートの効果と食べ方を知ればさらに実感!

チョコレート

お店に行くとたくさんの種類が並んでいるチョコレート。いろんなメーカーからたくさんのものが出ていてどれも美味しそう!最近の傾向では、「子供のおやつ」ではなく「大人用の高カカオチョコレート」もありますね。

わざわざカカオを多くして、価格もちょっと高い。高カカオだったらどんな効果があるのでしょうか?

しかし頭をよぎるのが、チョコレートってカロリーが高い!!ということ。体型を気にする”乙女”には辛い誘惑です。そこで、チョコレートには

  • 「太る」以外にどんな効果かがあるのか?
  • チョコレートの効果的な食べ方(量とタイミング)
  • チョコレートは精神的にも効果があるの?!

ということをこの記事ではまとめました。チョコレートは体にいいの?と半信半疑で食べているあなた!効果を知ればより実感できるはず。ぜひ参考にしてくださいね!

チョコレートの効果的な食べ方とは?時間帯や量など食べ方のポイント

カカオ

冬にはチョコレート売り場が充実してきますね。この流れが最近定番になっています。スーパーやコンビニには目立つように冬チョコがたくさん置いてあって、よりどりみどり!

その中にある高カカオチョコレート。下記のようなものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チョコレート効果 カカオ95%(60g)
価格:237円(税込、送料別) (2017/11/24時点)

食べてみるとなんだか苦いのに売れてると言うんだから驚き。その理由はおいしく食べる以外に、チョコレートは健康にいいのからなのです。

でも一体なにがどういいのかわからずに食べている人も多いのでは?

大昔のお話ですが、チョコレートは薬だったのです!今ではおやつという感覚だから驚きですよね。チョコレートは遠い昔、紀元前2000年から食べられていたそうです。用途は「薬」としてです。

実は、チョコレートには滋養強壮、不老長寿、食欲不振、解熱…などなど100以上の効用があるのです。それからだんだんと薬から嗜好品へと用途は変化していったのですが、ここへ来てまた、チョコレートは嗜好品から「嗜好品であり薬」の方向へ向かってきたようです。

チョコレートに含まれる身体に良い成分で特に有名なものをあげてみます。

カカオポリフェノール

老化の原因と言われる活性酸素を除去する作用がある。美肌効果や生活習慣病の予防にも効果あり!

これは女性にとってはもちろん、男性にも嬉しすぎるチョコレートの効果ですよね!

食物繊維

便通がよくなる、余分なコレステロールの吸収防止余分なカロリー摂取の防止

ビタミン、ミネラル

ビタミンE、ナイアシン、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などがふんだんに含まれています。

・・・・・・・・・

たくさんチョコレートを食べていいような気までしてきましたね(笑)でも食べ過ぎはもちろんダメ。タイミングと量も知っておかないと、太る原因になってしまいます!

チョコレートの摂取量

体にいいのはわかりましたが、やはり太る要素もあります。そして体にいいからといっていくらでも食べていいものなんかありません。やはりバランスが大切なんです。

理想的な日本人のチョコレート摂取量は「1日25㌘」です。

チョコレートを食べる時間

太りにくい、チョコレートを食べるおすすめの時間帯は、「食事の前」または「午後3時前後」

チョコレートの中のカカオポリフェノールには血糖値の上昇と空腹感を抑える働きがあるので、食事の前に少しチョコレートを食べると食べすぎなくてすむのです。

もちろん、量は守ってくださいね。タイミングと量の両方を守ることによって、体にとってチョコレートは良い効果をもたらしてくれるのです。

 

・・・・・・

可能であれば、カカオがおおい商品を選ぶようにし、甘みも少ないものを選べば効果が高まります。

普通のチョコの感覚で食べちゃうと「にが〜い」って思いますが、これもまた慣れてきて、だんだん美味しくなってくるんです・・。甘いコーヒーしか飲めなかったけど、最近はブラックが好き。という感覚に似ています。

スーパーでも売ってますので、探してみてくださいね。

こうした身体に良いチョコレート。最近注目されているのが、身体だけではなく精神的な部分にも効き目がある!と、いうこと。どういうことなのでしょうか?

[adsense]

チョコレートの効果!精神的な部分への効果にも注目

チョコレート

仕事や生活に疲れて、いつのまにかストレスの塊になっているっていうことありませんか?自分でこれといったはっきりした原因がなかったとしても、なんだか気分やからだの調子がすぐれない…そんな日もあるのではないでしょうか?

そんなときにもチョコレートがいいんです!

疲れたときに甘いものが食べたい。これはよく聞きますし、実際に感じることですね。なぜそう思うのでしょうか?

チョコレートにはカフェインやテオブロミンが入っています、いずれも脳を活性化し、集中力や記憶力を高め、さらにリラックス効果もあります。そのため、精神的な部分にも良い方向に作用するのです!

おいしいと感じるから、という単純な理由だけではなく、成分的にもチョコレートは精神的にも癒してくれる効果があるのです。

まとめ

チョコレート・・今まではただおいしいから食べていたのですが、こんなに奥が深いなんて驚きですね。チョコレート売り場で、どのチョコレートにしようか?迷うのも楽しくなっちゃいます。

ただし、甘いチョコレートは太ったり糖分のとりすぎになってしまうので、効果を期待したいということであればご紹介したような量やタイミングを守って摂取するようにしてくださいね。

正しい食べ方で上手にチョコレートを利用しましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました