ケチエコ

ヤクダチネタ・ケチエコライフ・ママデイズ

意識すれば直せる!写真映りが悪い人の特徴とよくなるコツとは?

更新日:

最近流行っているInstagramに投稿された写真って、みんな自撮りでも上手に撮っていますよね。でも、自分でやってみるとなかなか人前に出せるような写真が撮れない!!

なぜかいつでも自分は写真写りが悪い!何故なの?と、悩んでいる人に、写真写りの悪い原因と改善方法をご紹介します。

知っているだけで変わりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

写真映りが悪い人の特徴とは?!

写真映り

写真映りが悪い人の特徴は、写真を撮ること、撮られることにまず慣れていない人です。

そして、それゆえに自分がどの位置から撮られることがベストなのか?を知らない人なのです。

ドラマなどで傲慢な女優さんが「私はこっち側の顔が映えるからこちら側から撮って下さい」と、言っているのを聞いたことがありませんか?

必ずその人の映りが良い角度があります。そのように自分が一番自信を持てる角度を見つけて撮ると良いです。

それに加えて、無意識のうちに写真を撮るということを意識しすぎていて不自然な表情であったり、逆にリラックスし過ぎて変顔になってしまったりすることも写真映りが悪くなる原因です。

そして一番いい角度を意識しすぎることも、不自然な写真映りになってしまいます。

「撮るぞ!」と、いう瞬間にちょっとだけ意識を集中して、一番良い角度から撮れるようにしてみましょう。

ただ、これには練習も必要。ここからは具体的な写真映りの悪い人に意識して欲しいコツを紹介していきます。まず、写真慣れした今どきの女子たちの写真映りが悪いとはどんなものなのでしょうか?

写真映りが悪い人のそもそもの原因とは?今どき女子たちの意見

角度や意識過剰は、写真映りが悪くなる原因のひとつですが、ほかに原因はないのでしょうか?

最近の女の子は写真を撮ってSNSにあげるのは日常の出来事です。そんな彼女たちの意見から、写真映りが悪いとはどういうものかというと?

○姿勢の悪さやあごの位置が悪いのが原因

○過剰な表情作りが写真映りが悪い原因

○そもそも写真を撮られ慣れていないことが原因

が、あげられています。

顔だけじゃなく姿勢も。作りすぎはNG。慣れてないことが写真を見たらわかる、ということなんですね・・。

これらのことを踏まえて、写真を撮ったときに不細工に写らないようにする具体的な改善方法とは!?簡単に出来る改善方法はあるのでしょうか?

写真映りが悪い人におすすめの改善方法とは?

写真映りが悪い人は、先程あげた3つのことに気をつければ、写真映りが改善されるきっかけになると思います。詳しくまとめてみると…

まず姿勢を正してあごを引きます。

顔やあごが前に出すぎていると、顔が大きく見えるんですよ!だから写真映りが悪くなります。

でも逆に引きすぎると二重あごに写ってしまうので要注意!これは自分でどちらも試してみて、一番いい顎の引き具合を調べてみてください。

せっかく顎の弾き方がわかったのに、姿勢が悪いのも全てが台無し。胸の張りすぎも変だから、これも微妙に調節し一番いい映りになるような姿勢を知っておきましょう。

表情作りを日頃から練習しておく。

とんでもなく場違いな笑顔は写真写りが悪い原因。撮る前には一度深呼吸をして、自然な笑顔になるよう心がけましょう。

たまに、どの写真を見てもおんなじ顔に写ってる人っていますよね?ある意味顔を作れているので崩れることもないのかもしれませんが、それも機械的で映りがいいとは言えないのかもしれません。

その場その場にあった写真映りができるよう、自然な笑顔と歯を見せた笑顔、真剣な表情と素の表情などいくつか練習しておきましょう。

写真を撮られることに慣れる。

いくら表情を練習したからと言って、やはり写真を撮られることに慣れていなければ緊張が表情に出てしまいます。

慣れればそれだけで自然な笑顔や姿勢ができるようになります。最近は撮ってもすぐに消せるデジカメやスマホがありますので、慣れる訓練と思って恥ずかしがらずに時々撮ってみましょう。

だんだんと自分の好きな表情や角度がわかってきますよ♪

まとめ

写真の撮影時には少しだけのリラックスと程良い笑顔、良いポジで姿勢を正してあごを引く。

これが写真映りを改善する方法です。知っておくだけでも少しは改善されるのでは?と思います。

写真写りが悪くて悩んでいる人!コツをつかんで良い写真を残してくださいね。

-チエトク

Copyright© ケチエコ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.