ボールペン染み抜き方法!気付くとついてるシミ撃退!応急処置法も!

ボールペン

毎日の暮らしにも、仕事にも欠かせない筆記用具といえばボールペン。さっとカバンに入れたり、仕事であればポケットに入れたりすることも多くあります。

そして気づいたら・・ボールペンのインクがシャツについちゃってる!なんてことありますよね。

洗濯で取れるかと思いきや、それだけではボールペンのシミって落ちないです。目立たないだろう・・そんなことを頑張って思ってみても意外に目立つのが現実!

この記事では気になるボールペンの染み抜きの方法、気づいた時の応急処置方法を紹介します。

ボールペンの染み抜きの方法

ボールペン

Hans / Pixabay

ボールペンと一言で言っても、油性のものと水性、ゲルボールペンがあります。シミになっているのがどちらのボールペンか?まずはいつも使ってるボールペンをチェックしてください。

チェックができたら、どちらかの方法を試してくださいね!

油性ボールペンの染み抜き方法

油性ボールペンは、エタノールで落とすことが出来ます。

必要なもの

  • 消毒用エタノール(除光液でもOK!)
  • 汚れてもいい布
  • 古くなった歯ブラシ
  • 汚れてもいいビニール

やり方

  1. 色落ちをチェックします。服の目立たないところにエタノールをつけて、色落ちしないかをチェックします。
  2. ビニールを敷きます。ボールペンの汚れが他の場所に移らないようにするのが目的です。
  3. ビニールの上に汚れてもいい布を敷いて、シミの部分を下向きにして置きます。
  4. エタノールを吹き付けます。シミの部分にエタノールを、裏から少しずつかけていきます。
  5. 歯ブラシでシミ部分を叩き、下の布に汚れを移していきます。
  6. 下の布をずらしながら、エタノールの吹き付け・シミ叩きを繰り返しましょう。
  7. 汚れが取れたら、いつも通りに洗濯しましょう。

汚れを落とすのではなく、汚れを移動させるイメージでやってみてくださいね!

水性・ゲルインクボールペンの染み抜き方法

水性やゲルインクボールペンは、弱アルカリ性洗剤で落ちます。

必要なもの

  • 固形石けん、または弱アルカリ性洗剤(台所用洗剤など)
  • 古くなった歯ブラシ
  • 汚れてもいいビニール
  • 汚れてもいい布

やり方

※油性ボールペンの染み抜き方法1.~3.をまずやります。他に汚れがつかないように、ビニールを敷いてくださいね。

  1. 洗剤をつけて、歯ブラシで叩きます。生地の傷みが心配な人は、指でつまみ洗いをしてください。
  2. 水、またはぬるま湯で洗い流しましょう。
  3. 汚れが取れるまで、1と2を繰り返してください。
  4. 汚れが取れたら、いつも通りに洗濯しましょう。

染み抜きをするときは、なるべく早く、必ず洗濯前にしてください。また作業に伴う色落ちに注意してください。せっかく染み抜きをしても、色落ちしてしまうと着れない服になってしまいます・・!

また、エタノールを使うときは、換気と火気に十分に注意してくださいね!

ボールペンのシミを確実に取りたいのであれば、ついたと感じたら応急処置することが大切です。次は仕事中など応急処置の仕方をお伝えします。

[adsense]

仕事中での応急処置!

ポンプ

会社で仕事中だったり、外出先だったり、そんなときにシャツにボールペンのインクが…

シミになってしまい、取れない可能性もあるので、なるべく早く応急処置をすることが大切!そこで「あ〜あ」と言って終わってしまってはいけません!そういうときに応急処置として出来るシミ抜きの方法を紹介しますので、ぜひ覚えてくださいね。

会社にいてもシミ抜きが出来る方法は、消毒用のアルコールです。

消毒用のアルコールなら、最近は除菌のために置いてある会社も多いかと思います。ちなみに、ジェルタイプのアルコールでもOKです!

まずタオルなどを敷き、ボールペンで汚れた部分を下向きにして置きます。そして、汚れた部分にアルコールを塗って、裏から叩き出します。

仕事先でここまでしておくと違います。

家に帰ってから、もう1度アルコールと中性洗剤を塗って、洗濯しましょう。

ボールペンの染み抜き・・クリーニング店で取れる?

染み抜きクリーニング

ボールペンのシミは嫌だけど、自分でやるのはちょっと・・。時間がないときやどうしても取れないとき、そんなときはクリーニング店などのプロの人たちにお願いするといいですよ。

クリーニング店ではだいたいのシミは取ってもらえます。私の家の近所のクリーニング店は染み抜きに力を入れていて、店頭の目立つところで染み抜きを見せながらしている時もあります。

しかし、今は色んなボールペンがあり、種類によっては取れない可能性もあります。

絶対ではないですし、クリーニング店によっては染み抜きは別料金の場合もよくあります。

そこはチェックをしてからクリーニングを頼むようにしましょう。

まとめ

ボールペンのインクシミ。意識的に気をつけていても、気がつけばなぜかついてしまっているときもありますよね。

紹介したボールペンの染み抜き方法を使って自宅で落とすことができれば、次についてしまった時に焦らずにすむのでぜひマスターしてくださいね。

また、仕事先でも応急処置として消毒用アルコールがあれば落とすことが出来るので、ついた!と思った時は放置せず処置を行いましょう。

でももちろん1番いいのはシャツにつかないようにすること。毎日忙しいと思いますが気をつけましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました