楽天銀行の振込ってコンビニでできるの!?手数料は?

bank

最近ネット銀行が増えてきましたね。お金を扱っているのでネット銀行って本当に大丈夫?と思う方もいると思います。

調べてみると手数料が違ったり、ポイントが貯まったりとお得なことが多いですよね♪でも、振込とかってできるの?と疑問を持っている方も多いようです。

そこで今回は、ネット銀行の中でも大手の楽天銀行の振込でできるのか?そして振込方法や手数料などご紹介していきます!

ネット銀行は難しい!!楽天銀行の振込はコンビニでできる!?

atm

楽天銀行の口座を持っていも、現在はコンビニから他行に振込はできません。入出金と残高確認はコンビニATMを使用できますが、振込はできません。

ネットバンクですので、他の方への振込はネット経由で行うようにしてください!ネット経由で行うことで条件をクリアしていれば振込手数料が無料になったりもしますので、確認してみましょう。

ちなみに、入出金や残高照会はセブン銀行、イオン銀行、ローソンATMなど様々なコンビニのほか、大手銀行のATMを利用することができます。

ATM手数料は、入金の場合3万円以上は無料ですが、それ以下の場合、セブン銀行、イオン銀行、PatSatは216円で、その他は270円と他の金融機関よりも若干高めです・・。

ただしいろんな場所で対応しているATMがあるのはとても心強いですよね。

セブン銀行よりローソンATMのほうが高いので、少しでも安くしたい方はセブン銀行を探した方がいいかもしれません。でもコンビニATMが利用できると、とっても便利ですよね♪

楽天銀行の振込にかかる手数料とは

パソコン

コンビニからの振込はできないので、ネットで振込をすることになります。

振込手数料は通常振込での楽天銀行宛はすべて手数料無料!他の金融機関口座宛は3万円未満で165円3万円以上で258円になります。

楽天銀行は通常振込手数料が安く、特に他の金融機関口座宛の振込手数料は、業界最低クラスでとってもお得です。

口座開設も簡単にできてしまうので、振込先を楽天銀行へ指定する会社も増えてきています。

楽天銀行の振込時間とは

通帳

振込される時間がどれくらいかかるか気になりますよね。通常振込で、他の楽天銀行口座へ振り込みの場合は即時入金されます。

他の金融機関口座宛の場合は、金融機関営業日(平日)の0時から15時の間であれば、振込依頼日の当日9時から15時頃に入金されます。

15時以降の場合は、翌営業日の9時から15時の間に入金振込依頼日時が休日の場合翌営業日の9時から15時の間に入金されます。

混みあっている場合は、依頼日当日ではなく翌営業日になってしまう可能性もあります。

楽天銀行口座同士の振込であれば、即日入金されるのですぐにお金が必要な場合などスピーディーで嬉しいですね♪

まとめ

最近急増しているネット銀行ですが、コンビニATMの利用なども一緒に進んでいるので、口座を開設してもすぐに下ろしたり、振り込めたりできるので便利です。

銀行の振込手数料など、1回は安くても年間など換算してみると結構かかってしまいますよね。

少しでも安く抑えたい方には、ネット銀行がおすすめです。口座申し込み方も簡単なので、ぜひ興味がある方は利用してみてはいかがでしょうか♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました